3 L D K

身の丈、ときどき背伸びの日々。ちょうどいい暮らしってなんだろう。

ガスコンロの炊飯モードで、鶏と牛蒡ときのこの炊き込みごはん

f:id:yorimichinote:20200920213848j:plain


こんにちは。よりみちです。リノベーションの時に新しく入れ替えてもらったキッチン。

使い始めて1年半、先週電池交換のサインが点灯していたので、説明書を読んでみると、おや??

炊飯モードがあるらしい!キッチンは見た目や高さには、こだわりがあったのですが、機能についてはざっくりで、ご飯が炊けるなんてノーマーク。揚げ物と魚焼き、トーストの機能は使っていたけれど、いつもは開かないパネル扉に、「ごはん」と「おかゆ」のボタンが。奥のコンロって、ヤカンでお湯沸かすときにしか使っていないので、びっくり。自動で炊いてくれるなら、食べたいですよね。美味しそう!と、さっそく炊き込みご飯を。

 

f:id:yorimichinote:20200920213737j:plain

 

こういう時は、ストウブの出番!

あ、でも、そもそも我が家のお鍋はミルクパンと、これと、夫のモツ煮用の大鍋しかないので、基本的に毎日ストウブ。鶏肉があったので、鶏肉とゴボウときのこの炊き込みごはんにしました。だし昆布がなかったので、いつもの昆布つゆと、料理酒、チューブの生姜を。初めてなのに、冒険したくなるところ、どうなのかなって感じですが、そうだそうだ〜と、レモンオリーブオイルもたら〜っとね。

 

f:id:yorimichinote:20200920214824j:plain

 

このレモンオリーブオイルもカルディのなんだけど、美味しくてリピートしてます。余裕のある月にしか買わないのですが、オススメです。お試しあれ。このオイルと先日紹介した塩で、トマトモッツァのサラダ(湯むきミニトマトモッツァレラチーズ、ニンニク、黒胡椒まぜまぜ。バジルと生ハムあると尚おいしい)とか、鶏もも肉焼いたあと最後にたらしたり。先週だと、アボカドを豚バラで巻いて塩ぱらりで焼いたやつ(焼くときにはノンオイルで)に、このオイルとレモンペッパーをふって食べました。豚にも鶏にも、ツナ缶・サバ缶や、お魚にも合うので何かと使えます。

 

f:id:yorimichinote:20200920212834j:plain
f:id:yorimichinote:20200920213810j:plain

 

できたーー!レモンの香りがふんわり。また作ろう。普通の炊き込みごはんと同じように準備して、コンロの火をつけて、ごはんボタンをピっ。あとの火加減はコンロにおまかせ。お〜〜〜!自動で強火にしたり弱火にしたりちょっと感動しちゃう。すごいな、最近の技術って。おこげもできてて、美味しい。お鍋でご飯炊くの、めんどくさそうと思っていたので、新しい楽しみを発見したかんじ。炊飯器のない生活は考えられないけど、これはこれでスペシャルな休日感も味わえて楽しい。

ちょっと涼しくなると、炊き込みご飯が食べたくなって、今週はサツマイモごはんも炊きました。来週は新米も届くので楽しみです。ちなみに今週の土曜の餃子の日も、エビ餃子。今回は普通にポン酢+ラー油と、レモンオリーブオイル+バルサミコ酢+レモンペッパーのタレも用意して、ちょっと味変してみました。エビ餃子にそろそろ飽きてきたけど、家族にはまだエビ人気なので、来週はどうしようかな。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ではまた!

 

 

yorimichinote.hatenadiary.jp

yorimichinote.hatenadiary.jp

 

 

おはぎを食べながら思うこと

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」

こんにちは。ずんだのおはぎにハマっているよりみちです。

 

亡くなった祖母のことがとても好きです。とびきり好き。大好き。楽しい思い出と、あんな風になりたいなぁというところがたっぷし。超偏食で、マイペースで、ものすごくやさしさに満ちていたおばあちゃん。クマみたいなおばあちゃん(プーさんみたいなシルエット)。

家族へ財産をのこしてあげられる自信はないけれど、おばあちゃんみたいに、気持ちとしての「何か」をのこしてあげられたらな。いいなぁと思います。おばあちゃん大好き。もう、うまれ変わってたりするのかな。

f:id:yorimichinote:20200918161115j:plain

お彼岸の花を買うたびに思うのだけれど、花も愛も、生きてるうちに、たくさんあげたいし、もらいたい。

義母が亡くなり、義父も亡くなり、祖父母に対しても、「もっとこうしていたよかったな、こうしてあげればよかったな」タラレバがないわけじゃない。今できることは、お水や花を変えたり、線香をあげることくらい。あとはときどき思い出すこと?でも、死後のそういうのも、本当に死んだひとが喜んでくれてるかなんてわからないし。

うーん。これは、のこされた私たちのための行いなのかも。今は生きているわたしたちだって、いつまで生きられるかわからないので、とりあえず今日、大事にしておこうかなと思ったり。

いなくなってからずっと泣いて暮らされてもな。心配であの世をエンジョイしたいのに、気になっちゃうかも。気恥ずかしくても元気な(生きてる)うちに、その気持ちをたくさん伝えておかなきゃね。

わかってるだろ?とか、伝わってるだろう、とか、わかってくれ、とか思っちゃうんだけど、それは都合よすぎな言い分で、わかりやすく伝えておいたほうがいいよね。がんばります。

 

あと、日々の自分の片付けについても思うこといろいろ。今日何かあったら超こまる。思い出の品に限らず、残されたものの整理って気持ち的にも体力的にも、ものすごくパワーがいる。実際に私も家庭を持って、義実家の片付けもした。3年経って、誰も住んでいない義実家は手放すことになったので、最後はプロの手も借りました。

自分の中ではもう捨てちゃおうかなー、でも面倒だなー、と放置している物でさえ、遺品として残されると、それを残された人にも思い出の品になってしまってしまうこともある。

全部大事なものに思えてくる。全部はとっておけないんだけど、むずかしいですよね。なので、ミニマリストになる予定は今のところないけれど、普段からなるべく余計な物を増やさないようにしたいところです。

足したら、引いてみたり。

  

油断していたら、花がお彼岸価格になっていました。

お店のおばあちゃんにも「ごめんね〜」と言われながら、心の中でしまった!!と思いつつ、お彼岸なのでいつもよりほんのり華やかめに。むかしは「ホワイト×グリーン」の組み合わせの花が好きでした。今も、好きだし、アレンジメントを注文するときも、この花屋さん。。どうだろ。。っていうときや、花屋さんを選んでいられないときは、ホワイト系orホワイト&グリーン系でオーダーします。でも、最近はいろんな色の組み合わせも楽しいので、このお店のブーケ好きだ〜!っていうお店でオーダーするときや、この色かわいいなぁっていう花を見つけてみたときは、冒険してみます。我が家の場合、お供えの花を買うことが圧倒的に多いので、長持ちする菊がメインだけど、写真の左奥に写っているポンポンタイプの丸い菊が好き。かわいいな。

パープルとグリーンの組み合わせもオリエンタルな雰囲気で、最近好きな組み合わせ。よその家に送るときは、お花屋さんにしっかり用途を伝えて失礼の無いよう気をつけてますが、我が家の仏さんには、季節の花を飾ってあげたいので、バラも家族用のお供えにはあまり気にせず、良しとしています。

 

最近はお花のサブスクもたくさんあって楽しそうですよね。青山フラワーマーケットでも、普通のお花のサブスクに加えて仏花のサブスクもあって。ほ〜!と思ったのでした。送料が別途かかるから、我が家の予算だとなかなか現実的ではないけれど。実家のような田舎だと、好みでもないけれど、安くもないっていう不満も抱えていたり。どこにいてもスマホでぐんぐん情報を集められる時代だから、田舎のお店ももっとぐっとオシャレに進化する可能性もあるけど、いろいろなサービスが生まれているのだなぁと。

 

www.aoyamaflowermarket.com

 

先日の食べた、とらやパリ店40周年記念のピエール・エルメとのコラボレーションの小型羊羹「イスパハン」が美味しいかったので、実家にもお供えとして?もしくは敬老の日っていうことで送ってあげようかな。本当はトラヤカフェのあんペーストのイスパハンも食べてみたいんだけど、我が家からはちょっと遠いので、我慢我慢。伊勢丹限定パッケージの伊勢丹チェックの紅茶羊羹も可愛いですよね。秋冬のチェック、大好き。小型羊羹てコンパクトだから、そのコンパクトさゆえに私の予算だと親戚の家に持参したりはしないんだけど、身内には箱の大きさは気にせず。祖父母のお墓参りにも行けないし、お盆にも何もしていないので、ひとり暮らしの叔母も、たくさん入った大きい箱の菓子折より「美味しいものを少し」の方がよろこばれるのでこちらにしようかな。お彼岸入りしちゃったし、「敬老の日」だな。今日お店から送れば、間に合うかな。笑

とらやのウェブサイトを見ているだけでも、ときめきがたくさんで心潤うの、でリンク貼っておきますね。9月26日(土)から始まる、虎屋 赤坂ギャラリーの企画展「ようこそ!お菓子の国へ ー 日本とフランス 甘い物語 ー」も行きたいなぁ。

www.toraya-group.co.jp

 

さてさて、今日は土曜日なので、我が家はアレの日です。挽肉と餃子の皮を買いに、行ってきまーす。

 

ではまた!

新月とからだと心

こんにちは。よりみちです。

昨日は新月でしたね。数日前から、なんだかなんだか。淀んでいるわけではないんだけど、なんだか停滞している。新月だからなのか、生理前だからなのか、血流が弱まっているかんじ。心も体も、ため込んでるものが、うまくデトックスできていないみたい。いつもは、新月だと何か新しいことを〜と前向きなことが多いのだけれど、今回は少し違っていました。季節の変わり目だからなのか??

 

そんなこんなで、一昨年はモヤモヤしていた扇風機のホコリを掃除したり、台風や雨で汚れていた網戸と窓をそうじしたり、めずらしくヨガマットを広げて太陽礼拝だけやってみたり。巡らせ&モヤモヤのデトックスデーとすることに。ちょっとすっきり。

 

昨日は昨日で朝から、気持ちがポコっと落っこちて。動けない。動きたくない。今日から夫は5連休だ。(私の仕事はたぶん増えるよね)こんな日はひたすらのんびりすごしておこう!!と、何もしない日にしました。

体は滋養のありそうなものを求めている。どうしてもスープが食べたい。昨日はひとりなので、他に誰かが作ってくれるわけでもなく、お昼にはちょっと早いけど、根菜と豚肉でスープを自分で用意。ひとりのとき、基本的にわたしは自分のためにはがんばらない。「がんばれない」が正しいかも。いつもは、残り物とか、卵かけごはんとか。でも、こういうときって、ほんとスープに限るなぁとしみじみ。あったかくて、ホッとして、しみる。スープの出てくる物語も好きです。おいしそうなスープのレシピ本よりも、おいしそうなスープが登場するエッセイや、小説、映画が好きだ。

 

調子にのって動いていたら、だんだんと起き上がってるのがしんどくなり、横になる。無になる。しばらくして、のそのそと漢方の本や、体調を整える本をぱらぱら。前にも読んでいるのに、すぐに忘れてしまうので、都度都度ひらいています。

f:id:yorimichinote:20200918095420j:plain

やはし血液が足りてないっぽいなぁ。血液が足りていないときは、食後にふらふら、よろよろしてしまう。うーん。気持ちも、からだも、やられている。これが、血が足りないっていうこと?「血流がすべて解決する」(堀江昭佳 著)によると、血流が悪くなる理由は、“血がつくれない→血が足りない→血が流れない”だそう。わたしはまさに、血がつくれていないっぽい。

 

そうそう、そういえばわたし、重度のタンパク質不足だったよね〜と、前に読んだほかの本に書いてあったことも思い出す。タンパク質が足りていないのは、分かっているけれど、プロテインも続かない。が、今日はがんばってのんでみる。新月だから。何かいいことを始めたい。プロテインや筋トレが必要なのは、夫よりむしろわたしなのかもしれない。

 

よし。いまだ!と、焼き鳥もテイクアウトしにささっと出かける。その、ちょっとの外出がしんどい。そんな日がこうしてたまにやってくる。これは、夫にヘルプをもとめて帰りに何か買ってきてもらおうかと思ったけれど、彼は彼で今日は仕事が大変そうだし。やすみやすみ、ゆっくり最低限のことをする。波があるので、その波にあわせて。

 

これまた調子のいい時に、新月なので、ねがいごともね。お風呂にも、バスソルト入れちゃお。浄化だ、浄化。と、いつもより早めの時間にお風呂に入ったら、血流も良くなり、少しだけ楽になった気がする。気持ちもリフレッシュ。

 

血を増やすには、胃腸をしっかり休めることが大事なのだそう。確かに、口内炎もできているし、荒れないリップをぬっても唇も荒れてしまっている。食べすぎているのかも。本では血液を作るには、一週間の夕飯断食をすすめていたけれど、お腹も空いたので、夕飯をいつもより少なめに、そしていつもより早く食べ終わることにしました。朝食を食べるまでしっかりと胃腸を休めることで胃腸の本来の働きをぐっと高めてくれる。空腹の時間に、胃が収縮を繰り返し、小腸をきれいにし、休めてあげることで、栄養をきちんと吸収し血液を作ることができる。逆に、きちんと休めてあげる時間をとっていないと、胃腸がうまく働けず、消化吸収できないってことか。ほんと、すぐに鉄分とろう〜とか思っちゃうけど、実際今日の焼き鳥もレバーとか食べるけど、せっかくとった栄養も、吸収する力が弱まったら効果は薄くなるしね。そうだそうだ。前にも読んだわ。ほかの本にも就寝の3時間前には食べ終わろうって書いてあった。なかなか実践できないけれど、ほんと大事なことなんだろうな。なるべく、そうしよう。朝はすっきり目覚めたいしね。娘も、寝るのが遅くなった時もそうだけど、夕飯の時間が遅くなってしまった時にも、朝なかなか機嫌よく起きれない。確かにここ一週間くらい、そんな感じで乱れている。規則正しい生活って大事なのよね。我が家は日によって食事の時間やお風呂の時間がちょっとずつズレてします。気が緩むとストレス発散に食後にポテチやアイスを食べてしまったり。でも、やっぱり(娘の)周りの、この子は安定してるなぁっていう子を研究すると、そういうお風呂や食事、就寝時間など基本的なリズムがしっかりしている気がする。「乱れてるな」と気づいたから、あとは整えればいいのだ。

 

からだって不思議。そしておもしろい!

今日はとりとめのない、ひたすらゆっくり休んで考えてみた新月の日の記録でした。

今朝はスッキリ元気です。いきなり血は増えていないだろうし(本にも血流をよくする時間は4ヶ月と書いてあるし)、口内炎もまだ痛いけれど、昨日より、からだも心もずいぶんスッキリ、さっぱりしています。「まいにち漢方」(櫻井大典 著)のほうは、なんか体調もやもや〜っていうときに、何食べようかなと食材選びの参考にひらいています。ちなみに、わたしは漢方しか飲まないわけでもないし、生理痛の時には普通の頭痛とかの鎮痛剤?も飲むし、特にこだわりはありません。おもしろいから、読んでみたり、暮らしに取入れてみたり、そんなゆるりとした距離感です。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

ではまた。

 

 

リンク貼っていたら、同じシリーズの本も発見。こちらも、読みたい〜!

たよりにしている調味料

今週のお題「ごはんのお供」

こんにちは。よりみちです。なんだか朝夕涼しくなりましたね!この急な寒暖差に、体と心が追いつかず。なんだかモヤモヤ、やる気がでないのはわたしだけでしょうか。自律神経が乱れております。

さてさて、うちの実家の冷蔵庫にはあらゆるご飯のお供がぎゅっとつまっていました。おいしい岩海苔、明太子、お漬物などなど。母がそういうのが好きだったし、自分の家でお米も育てているので、みんな「ごはん」が好き。そういえば、我が家には「ごはんのお供」はほとんどない。たらこ、しらす、キムチはたまに。全く買わない月もある。ドレッシングもあまり買わない。一方で、塩昆布やかつおぶしは常備。でもそれらは、ごはんのお供として、というより和え物に使ったり、栄養もとれる「おたすけ調味料」という感じで頼りにしています。

結婚したら、料理をする回数がぐんと増えた。でも、だからといって料理が好きになったり得意になるとは限らない。元々好きな人、結婚を期に得意になった人もいると思うけど、わたしの場合は、そうでもないな笑。上達はしているものの、なかなか。結婚してみて、それまで以上に、人をもてなす機会も増えた。例えば、義実家で。あるいは夫や娘の友人が遊びに来たり、会社の同僚や先輩が近所に住んでいて交流したり。結婚するまでは、家族や恋人、自分のごく親しい友人の前でしか料理することなんてなかった。なので最初の頃は、うっ。プレッシャー!とちょっと身構えてしまいました。でも、大丈夫。よそのお家に行く時、誰もプロの料理は期待していないし。おいしいお店でテイクアウトという手もある。ママ友と集まるときにも、その時々で相手に合わせて、作って持ち寄ったり、テイクアウト会にしたり、まとめて宅配を頼んだり。料理は得意じゃないから、できるだけ簡単に、楽しく。もてなすときは心を込めて。自分のできる範囲でいいから「真心」が大事だと思うし、そういうのはちゃんと伝わると思っています。

 

さて、今日も話があちこちしてしまいましたが、料理があまり得意ではないわたしの「おたすけ調味料、これさえあれば」を3つ。子どもが小さいと、お店でも気を使ったり、公園でも落ちつかなかったりで、いろんなお宅にお邪魔させてもらいました。いろんなお家でごちそうになるうちに、美味しいレシピも教えてもらったり。もてなしたり、もてなされたりする中で、「これ欠かせないよね!」という身近なオススメ調味料です。お馴染みかもしれないし、新しくもないけど、たよりにしている調味料です。

f:id:yorimichinote:20200916150439j:plain


 

・海人の藻塩 

ん?写真、チガウよ!と思いますよね。すみません。今は頂き物のこの藻塩があるので、写真の姫ひじきの塩を使っています。こちらは「海人の藻塩」のお隣町で作られているそう。こっちも美味しいです。でも、無くなったらやっぱり「海人の藻塩」を買っちゃう。近所のスーパーで買えるってうれしいし、大事ですよね。何度も引っ越したけど、いろんなスーパーで見つけられると思います。義実家にいく時も、この塩はお供に持って行っていました。やっぱりこの塩がいい。パスタや野菜を茹でたりする用に普通の塩も常備しているけど、味を整えるときにはこちらの出番。ピンク色のヒマラヤ岩塩も、料理のお楽しみ要素で好きだけれど、一番使うのは「海人の藻塩」。お肉焼く時にも、お魚の時にも、野菜にも、パラリ。ぐっと美味しくしてくれるから、料理が楽しくなる。(腕前は、、なかなか上がりませんが)

www.moshio.co.jp

 

・カルディのスパイスアップ レモンペッパー

カルディ信者です。カルディで買っときゃとりあえず間違いないかなと思っています。いま住んでいる街には、スーパーと100円ショップ、ドラッグストアはいくつもある。でも、カルディ、本屋、マック、スタバがないのです!最初は、この四つのお店があれば最高なんだけどなぁと思っていたけれど、この楽しいお店が、けっこう散財スポットで。すぐそばにないから、せっかくだからのぞいて行こうかな、というのを抑制してくれて。駅に成城石井とか紀伊國屋とかあれば、簡単に美味しいものが手に入るけど、魅惑すぎて。最近では、隣駅くらいにあるのが、わたしにはちょうどいいな!と思えるようになりました。カルディには、コーヒー豆のなくなるタイミングで。財布の紐はきゅっとね。でも、カルディがあると、本当楽しいですよね!オンラインストアでは今売り切れているみたいですが、美味しいのでリンク貼っておきますね。

www.kaldi.co.jp

 

・馬路村のゆずポン酢 

f:id:yorimichinote:20200916152429j:plain

これも昔からスーパーにありますよね。美味しくて大好き。関西に住んでいた時は、スーパーにポン酢の種類が豊富で。楽しくていろいろ試してみたけれど、なんだかんだで、これに落ち着いています。どこでも買えて、美味しい、わたしの餃子LIFEを支えてくれる重要アイテム。自粛期間中、このまま海外みたいにスーパーに行くのも大変になったらどうしよう、、と思った時、わたしは、ぎょうざの満洲の冷凍餃子(業務用の袋のやつ)を買い、いつもはストックしない派ですが、馬路村のゆずポン酢と、焼肉のタレ、マヨネーズを思わず買い置きしてしまいました。1日出かけてもう疲れて何もしなくないときにも、冷凍庫の満洲の餃子があると心強いよね。焼肉のタレやマヨネーズにはこだわりはないのです。あ、でも、「生活クラブ」には憧れがあり、人気のケチャップとかいつか試してみたいな!



オリーブオイルとごま油も美味しいのを常備していたいけれど、予算的になかなかそうもいかないので、こちらはその時々のお財布と相談しながら。味噌はマルコメの「+糀 贅沢に麹を使った甘味と深い旨みの生糀味噌」という長い名前の、やっぱり近所のスーパーで買えるものを使っています。普段は出汁もとらないし、めんつゆや昆布つゆのお世話になる日々。きっと毎日出汁をとっている人からすると、「めちゃ簡単だし、美味しいのに〜!」と思うかもしれないけれど、なかなか重い腰が上がらないのです笑。めんつゆで楽しても、美味しいなぁと思う。つまり、いろいろおおらかなのです。でも、お味噌作りは興味津々。機会をみつけて、やってみるぞ。

 今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 

ではまた。

 

続・餃子の話 フライパンとお皿

今週のお題「ごはんのお供」

こんにちは。よりみちです。「料理、好き?」と聞かれると、「好き」だ。でも「得意?」と聞かれると、全然「得意」ではない。むずかしい料理はできないし、気が向いたときに、好きなものを作るのと、健康のために作る「仕事」?「任務」?としての毎日の料理ってまた違いますよね。得意じゃないけど、得意じゃないからこそ、頼りにしているのが「調味料」と「道具とうつわ」です。

今日はわたしの餃子に欠かせない「フライパンとお皿」について。

f:id:yorimichinote:20200914120021j:plain

まずは、カインズのストーンマーブルフライパン(26センチ)。購入のきっかけはSNSで見て可愛かったから。でもね、届いたら、持ち手がなー、おもいきりプリント。わかっていたけど、写真だとやっぱり可愛く写るじゃないですか。ゆえに、映えるコではあるのです。ストーンマーブルシリーズの、グレーのストーンマーブル部分も、だんだん焦がして色が変わってきちゃうんだけど、でも他の同じような価格帯のフライパンと比べると、可愛いんだな。気になる持ち手部分のプリントも、遠目にはかわいい。これがもし本物の木になったとしても値上がりしたら買えなくなっちゃうし。ということで、送料無料にしたくて、あと二つもストックがあるわたしです。前のが大体半年ちょっとで寿命だったから、一年半は買わなくてよさそう。こりゃストックしない派とかもう言えないな。もごもご。

 

ひとつ前に、持ち手の外せるタイプを買ったんだけど、持ち手部分も丸洗いしたいから今回からは一体型の普通のタイプにしました。軽い!しかも、我が家の場合はこのシリーズは26センチのフライパンしか使ってないから他のと重ねることもなく。収納が特別コンパクトになることもなかったわけですが、やっちまった!!今までの立てて収納していたスペースだと、持ち手が引っかかって引き出しが閉まらない!笑。仕方がないので、一つだけ違う向きで収納。

f:id:yorimichinote:20200914110614j:plain
f:id:yorimichinote:20200914110747j:plain

新しいものを買うときは、気をつけなくっちゃね。ホームページのレビューだとコーティングがすぐ剥がれたという人もいるから、個体差はあるのかも。説明書によると、中火以上の強い火加減はオススメできないらしいので、いつも中火で焼いてます。持ち手の外せるタイプを辞めたのは、専用の蓋に空気穴があって蒸気が逃げちゃうから密閉して蒸したくて。あと、外せるシリーズのセット購入も便利かなと思ったけど、中火以下を推奨してるっことは、鍋も揚鍋用途には向かないのかなと気になったから。でも、中火でもガスだからか、餃子はいい感じに焼けているから個人的にはオススメです。

 

www.cainz.com

 今のがまだまだ使えるから買ってないけど、このシリーズの卵焼きパンもかわいい。欲しいな〜。わたし、一生物欲にまみれているのかな...と思ったけど、この世から欲しいものがなくなったら、魂レベルはすごそうだけど、それこそ生きてる楽しみってなんだろう。足るを知るって幸せになる上で大事だけど、欲しいものがあるってすごい楽しいよね。

f:id:yorimichinote:20200914083723j:image

そして、26センチのフライパンにほどよくぴったしのヘビロテ大皿がイッタラティーマ 21センチプレート。このお皿でグラタン焼いたりもします。ティーマ最高。北欧の器って本当にいいなぁ。パラティッシも好きだし、スンヌンタイも欲しくなるけど、わたしの永遠のスタンダードはティーマだな。

f:id:yorimichinote:20200914120120j:plain

 

餃子もティーマ。ポン酢を入れる小皿には、カップアンドソーサーのソーサーを使うことも多いです。エブリデイ、ティーマ。イッタラのシールは剥がしてから使う派です。あれって、剥がさなくてもいいの?食器に印刷じゃなくてシールだから当然のように剥がしていたけど、たまに貼ったまま使ってる人がいて、「お嬢さん、衛生的に大丈夫かい?」と、余計なお世話ですが気になってしまう母さんです。そういうもん??ま、いっか。「よそはよそ、うちはうち」ですね。そんなの自由だよね。

 

先週末は波佐見焼の小皿に。波佐見焼は、長崎県波佐見町で作られる焼き物です。

f:id:yorimichinote:20200913200518j:image

猫、ウーパールーパー、オウム。いつかのお正月用に思わず買ってしまいました。でも普通の日にも使っています。デイリー使いのお茶目な和食器。

 

f:id:yorimichinote:20200914120249j:plain

暑い日には食卓も涼やかに〜とブルー系の小皿をたくさん取り入れたり。今日の料理、地味だな!!というときには、明るい色のうつわに持ってみたり。残り物アレンジも、違ううつわに持って出してみたり。バレてるだろうけど、でも、いちおうの工夫。それも愛。

f:id:yorimichinote:20200913200400j:plain

先週末の餃子はちょっと焼きがあまっかったので、のせるかどうか迷ったけれど。餃子の話なのに、餃子の写真がないのもね。失敗も成長の記録ということで。ひとつ前の記事にも書きましたが、我が家は「土曜日は餃子の日」。

餃子の楽しさって、具のアレンジの自由さですよね。お肉の種類、野菜の種類、こってりなのか、あっさりなのか。スタミナましまし系なのか。スタンダードにも、クセつよ系にも変幻自在だ。同じ「海老餃子」だけど、今回は、エビに片栗粉をまぶすのと、エビを他の具材と混ぜるのをやめて、包むときに添えるスタイルに。片栗粉で旨味を閉じ込める作戦だったけど、無くてもプリッと美味しいな!発見。餃子の週末はまだまだ続きそうです。

 

ではまた!

 

 

土曜日は餃子の日

今週のお題「ごはんのお供」

おはようございます。よりみちです。

みなさま今週もおつかれさまでした!毎日更新を目指しているのですが、昨夜は寝てしまって悔しい!!うわーん。

気を取り直して、今週のお題、おいしくもりもり「ごはんのおとも」について。

f:id:yorimichinote:20200912064228j:image

家族全員餃子が大好きなので、週に1度は餃子を食べます。そっか、それなら〜!献立迷子から卒業。8月から、毎週土曜日は餃子の日にしました。これは、もはや餃子作りが趣味と言ってもいいかしら。いや、趣味というなら皮も手作りしたり、二日に一回くらいで食べるのかな。「趣味、餃子作り♡」にはまだまだ道のりは遠そうだ。

 ゆる〜く餃子作りが好きなのです。餃子に合う飲み物も大好きなのです。さっぱりな気分のときは、「鶏むね肉と生姜」。ちょっとクセの強いのを求めるときは「セロリと豚肉」。昨年雑誌を観てハマったのは「ナス餃子」。今は簡単な「海老餃子」に夢中です。流水で解凍した海老を半分にカットし、片栗粉を薄くまぶします。ボールに豚ひき肉、生姜とニンニクのみじん切りを、マヨネーズと焼肉のタレを少し加え、混ぜる。さらに海老と青じそを加え、黒胡椒をふり、餃子の皮で包む。あとは焼くのみ!待ちきれず、ビールごくごく。すみません。ほんとは材料出す時から飲んでます。うまうま。だって土曜だし!

子どもの頃から料理が苦手で、学生時代も一人暮らし時代もスープとパスタくらいしか作れなかったけど、ある日泊まりに行った友人宅で餃子を作ろうということになり。言われるままにお手伝いしていたら、餃子って。。!難しそうに思っていたけど、包むの楽しい!!知らなかった!衝撃。そういえば、小学生の頃、誰かが作文に餃子を作って楽しかったことを書いていた!その時は、「なんて家庭的な〜!」と思っていたけど、いや、これ〜〜〜普通に子どもが好きなやつやん!楽しい!我が家は毎週末のイベントなので、娘はたま〜に一緒に包むくらいですが、もっと小さい頃はよく一緒にやっていました。

組み合わせる野菜やお肉はその時の気分で。なんとなく。簡単に準備できるもので。キャベツを茹でて切って〜が面倒なので、切るだけでそのまま使える薬味はたっぷし入れるのが好きです。なんでもあり!なところが家庭料理の楽しみですよね。家族の好みならわかるので、安心して冒険できる。来週はどうしようかな。楽しみだな。

 フライパンは餃子が張り付いてうまく焼けなくなったら新しいものと交換することにしています。今はカインズのストーンマーブルシリーズを愛用中。

いつかは鉄のフライパンで美味しい餃子を焼けるようになりたいな!

 

今朝は涼しくて気持ちいいですね。

ではまた。みなさま良い週末を!

シャイガールたちの応援団

f:id:yorimichinote:20200910154913j:plain

こんにちは。よりみちです。娘は小さい頃から、なかなかのシャイガール。親の私から見てもそうだけれど、これまで娘と関わってくれた友人やママさんたち、先生から見ても、一言で紹介するなら「かわいいシャイガール」と思う。先生に「おはようございます」のあいさつができるようになったのは幼稚園の卒園間際のことだった。小二になった今はずいぶん積極的になったなぁと思う。二学期になった最近では、一日に一回は“授業中に手をあげてみよう”とか、学級の時間に“書記じゃなくて副司会がやってみたい”と、彼女なりにチャレンジしたり、思うことがあるらしく、成長を感じずにはいられません。わたしが見ていないところでは、ご近所さんにも挨拶しているらしい。(ヤバい!見たい!嬉しくて泣いちゃうかも!)そろそろ「恥ずかしがり」への心温かいフォロー“かわいい”にも限界がある年齢。ギリギリ、人によってはアウト(無礼・無愛想)と思われているかもしれない。一歩ずつだけど、がんばれ〜、娘。

 

けっこう激しくシャイなので、いっしょに遊ぶ相手もシャイだった場合、話したり誘ったりするのもお互いハードルが高い。何なら返事の声を発するのすら緊張している。仲良くなりたいし、一緒に遊びたい気持ちはすんごいのだけれど、その秘めっぷりもすんごい。遊ぶ約束をして前日の夜から遊びたいことリストを準備してソワソワ、わくわくの娘たち。なのに、いざ遊びに来ると、モジモジちゃんになってなかなかしゃべれず。この遊びたいことリストは、「何したい?」と相談したいけど、初めて遊ぶ家だと何があるかわからないだろうから、オススメをリストアップしたもの。レストランのメニュー的なかんじです。が、がんばれシャイガールたち!こんなときに、ぴったりな救世主が、遊びたいことリストにも書いていたこのゲーム「ナンジャモンジャ」。ヘンテコでかわいらしい12種類のモンスター?不思議な生き物?ナンジャモンジャたちに名前をつけて、誰よりも早くその名前をさけぶゲームです。

 

①裏向きの山にしたカードを順番にめくり、初めて出たキャラクターには思いついた名前をつけてあげます。好きな名前でOK。よーく覚えておきます。

②同じキャラクターが出たら、その名前をいち早くさけぶ。一番最初に名前を思い出し、さけんだ人がそのカードをもらいます。

たくさんカードを集めた人が勝ちというシンプルなカードゲームです。同時にさけぶことも多いので、ジャンケンに左右されたりもするけど、子どもたちは真剣。それぞれ名前を考えるのも楽しいし、さけぶのも好きですよね。カード一枚めくるごとにさけぶので、終わる頃には距離が縮まったのかも。その後は、時間になっても「やだー!もっと遊びたーい!」だって。すごい打ち解けていて、母さんびっくりです。ヘンテコなキャラクターたちが、シャイガールたちの応援団見えてきます。

 

ロシアで生まれた、10万個以上の大ヒットゲームだそう。このグリーンの箱の「ナンジャモンジャ・ミドリ」の他に、別の12種類の描かれた「ナンジャモンジャ・シロ」もあります。混ぜて遊んでも楽しくてオススメです。めちゃくちゃ簡単なルールなので、小さいお友だちと遊ぶときにもぴったり。2〜3年前にプレゼントにもらって、その時すでに人気のカードゲームでしたが、小学生になった今も、家で遊んで帰った友人たちが続々と買っているので、今日はこちらを紹介してみました。

 

そろそろYouTubeやテレビ見過ぎじゃない?というとき、「ナンジャモンジャやらない?」と声を掛けると、ホイホイさそいにのってくるシャイガール。新しいおともだちとも、仲良くなれてよかったね。

 

娘にはまだちょっとむずがしいけれど、「はぁって言うゲーム」も家族で時々やります。こちらは大人向き。テーマカードをめくり、みんなで一枚ずつアクトカード(アルファベット)をひく。A~Hの指示に合わせてテーマカードに書かれたお題のセリフや演技をし、誰がどの演技をしているのか推理していくゲームです。簡単なものもあるけど、微妙なニュアンス違いでなかなか難しい。照れるしね!娘はよく理解できないものもあるけど、え??ん???!思ってるのと違う演技で楽しませてくれます。

f:id:yorimichinote:20200910220944j:plain

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ではまた。

 

 

はぁって言うゲーム

はぁって言うゲーム

  • 発売日: 2018/11/23
  • メディア: おもちゃ&ホビー